うつ病等の精神疾患でも付けれるヘルプマーク

ヘルプマークをご存知でしょうか?
ヘルプマークは、支援を必要としていることが外見からは分からない方々が援助を得やすくするためのものです。

うつ病をはじめとする精神疾患には体調の波があり、
少し体調の良い時に、リハビリがてら外出しようとしても、
外出先で急に体調を崩したり、公共交通機関に乗れないと、
どうしても、外出を控えがちになります。
そんな時に役立つのがヘルプマークで、特に、外見からは障害が分からない方に役立ち、
うつ病をはじめとする精神疾患の方でも付けることが可能です。
かばんに装着する等、身につけることで、
外出先で周囲に援助や配慮を必要としていることを知らせるものです。

兵庫県にお住まいの方は、交付窓口へ「兵庫県ヘルプマーク交付申請書」を、
提出することで取得可能となります。

兵庫県ヘルプマーク交付申請書
郵送にて交付してもらうことも可能です。

電車内で、若いのに優先座席に座っていると白い目で見られる可能性もありますが、
このマークを付けていれば安心です。
また、緊急時に連絡先を記載しておくなども可能となります。

是非、ご活用ください。

最期に、

うつ病が原因で働けない状況にある神戸の方、
是非、二宮社会保険労務士事務所にお問い合わせください。

障害年金の無料診断もしております。

Follow me!

2分で完了、障害年金の無料診断

うつ病、統合失調症、双極性障害で、障害年金を受給できるかどうか
障害年金に精通した社会保険労務士が無料診断します。

2分でネット申し込みできます。
お気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です