うつ病で障害等級2級を取得し、次回更新までに338万円の障害年金を受給されたケース

障害厚生年金2級
【依頼者】大阪府在住 40代女性
【傷病名】うつ病 (icd-10:F32)
【結果】 障害厚生年金2級
【処方薬】トフラニール エチゾラム チザニジン ゾルピデム ルネスタ 当帰芍薬散

相談者の状況

職場での人間関係のトラブルからイジメがあり、
次第に体調を崩し始める。
食欲不振、不眠、激しい頭痛があり、
気分の落ち込みや意欲の低下から日常生活の能力は著しく低く、
就労は不能の状態でした。

初診日の時点では厚生年金に加入されていたため、
障害等級3級まで支給される事と、
3級以上に該当する可能性が高い旨をお伝えした所、
当社へ依頼を頂きました。

主治医が診断書の発行を渋ったため、
依頼主と共に、病院を訪問し、診断書の発行をお願いいたしました。
無事、診断書は発行され、障害厚生年金2級の認定に至り、
次回更新までに338万円の障害厚生年金の受給が決定しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です