うつ病で障害等級2級を取得し、一時金約428万円、次回更新までに約158万円を受給されたケース

障害基礎年金

【依頼者】兵庫県在住 40代女性
【傷病名】うつ病 (icd-10:F32)
【結果】 障害基礎年金2級
【処方薬】 エチゾラム アルプラゾム 酸化マグネシウム センナ

相談者の状況

最初は職場で過呼吸の症状がではじめた。
元来、職場での人間関係でのストレスに悩んでおり、
次第に、他人と関わるのが苦痛になり、
めまい、頭痛、食欲不振、不安、不眠等の症状ではじめる。
その後、とあるトラブルに巻き込まれ、うつ症状が急性増悪する。

当社へは、障害年金について、メールにて問い合わせがあり、
実際にお会いしてヒアリングをさせて頂きました。
日常生活能力の低下は明らかで、
家事なども困難を極め、就労も不可能と判断とし、
障害年金を受給出来る可能性があることをお伝えしたところ、
当社へ正式なご依頼を頂きました。

御依頼者様は、初診から10年近く通院をしておられたので、
障害年金の遡及請求(過去の年金を請求する方法)が出来る可能性もあったため
慎重に、資料を作成しました。

その結果、無事過去5年間の遡及も認められ、
一時金約428万円、次回更新までに約158万円を受給されました。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です