うつ病で障害等級2級を取得し、次回更新までに約123万円を受給したケース

障害基礎年金2級
【依頼者】大阪府在住 40代女性
【傷病名】うつ病 (icd-10:F32)
【結果】 障害基礎年金2級
【処方薬】 セルトラリン

相談者の状況

親の介護が原因でストレスを溜め、抑うつ気分、意欲の減退、
興味の喪失、睡眠障害、食欲不振、精神運動制止、集中力減退、
過度な自責感等の症状があった。

就労はもちろん、家事もこなせない状況で、当社のHPをみて、
お問い合わせ頂きました。

基本的には、弊社はご依頼があれば、一度は面談をし、
ヒアリングの後、資料を作り上げるという工程で、
障害年金の申請作業を進めていきます。

しかし、この方の場合、パニック発作も併発しており、
外出、人ごみでの移動や、長時間のヒアリングも
難しい状況であったため、電話でのヒアリングのみで、
作業を進めることになりました。

結果的には、事後重症請求が認められ、
障害基礎年金2級の認定となり、
次回更新までに、約123万円を受給を受給することになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です