うつ病で障害等級2級を取得、一時金214万円、次回更新まで約284万円受給されたケース

警察共済組合

相談者の状況

【依頼者】兵庫県在住 30代男性
【傷病名】うつ病 (icd-10:F32.2)
【結果】 障害共済年金2級
【処方薬】アモキサン ラミクタール サインバルタ トリアゾラム エチゾラム

ホームページよりお問い合わせ頂きました。

仕事では、夜勤や24時間勤務等があり、不規則な生活をしている中で、頭痛や、倦怠感等の症状が出はじめていたがしばらくすると
治るだろうと、だましだまし勤務をしつづけていた。

次第に、食欲不振や不眠、激しい気分の落ち込み等の症状が現れ、
人と関わることが極端に嫌になりはじめた。

近医にて、治療を開始するも、症状は悪化していき、就労はもちろん、日常生活の多くでも支障をきたすようになり、主治医から、
休職を勧められ、現在も長期にわたり休職中だった。

お問い合わせ頂いた情報から、障害年金を受給出来る可能性があることをお伝えしたところ、
申請作業を当事務所に依頼したいとのことでしたので、後日、事情を詳しヒアリングさせて頂き、
資料等を作成し、障害年金の請求を致しました。

初診日時点で加入されていた、年金制度が共済であったため、
審査に時間がかかったものの、障害等級2級で遡及も認められ、
一時金214万円、次回更新まで約284万円受給が決定致しました。

 

2分で完了、障害年金の無料診断

うつ病、統合失調症、双極性障害で、障害年金を受給できるかどうか
障害年金に精通した社会保険労務士が無料診断します。
2分でネット申し込みできます。
お気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です