うつ病で、障害等級2級が認定され一時金345万円、次回更新まで276万円受給されたケース

障害基礎年金

相談者の状況
【依頼者】徳島県在住 40代女性
【傷病名】うつ病 (icd-10:F32.1)
【結果】 障害基礎年金2級
【処方薬】サインバルタ オランザピン
【主な症状】
・抑うつ状態
思考・運動制止  憂うつ気分 希死念慮

障害基礎年金が認定されるまでの経緯

仕事で多忙を極める中で、4人の育児もあり、精神的に追い込まれていました。
次第に、食欲不振、不眠、が出現。
かかりつけの内科を受診したところ、うつ状態と診断され、
精神科を受診するように進められ、転院されました。

精神科へ転院した頃には、育児や家事も出来ない状況で、
うつ病と診断されました。
その後、希死念慮や慢性的な抑うつ状態が続き、症状は徐々に悪化。
現在は、就労は、もちろん、日常生活にも支障をきたしている状態で、
家族の援助なしにはまともな日常生活をおくれないじょうたい。

家族の方より、弊所のホームページにお問合せ頂き、
障害年金が受給出来る可能性がある旨をつたえ、受任致しました。

無事に、障害基礎年金2級が認定され、一時金約345万円、
次回更新まで約276万円受給の受給が決定しました。

障害年金の認定に至る重要なポイントは、
・就労能力の有無
・日常生活能力の有無
この2点です。

うつ病、双極性障害等の精神疾患で働くことができなかったり、
日常生活に多くの支障を来たしている場合、障害年金の申請を
積極的に考えてみてください。

あなたが障害年金を受給出来る可能性があるかどうか、
コチラで無料診断しています。

2分で完了、障害年金の無料診断

うつ病、統合失調症、双極性障害で、障害年金を受給できるかどうか
障害年金に精通した社会保険労務士が無料診断します。
2分でネット申し込みできます。
お気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です