うつ病で働けない神戸の方、障害年金を申請しましょう

障害年金
うつ病で働けないという状況で、
お金がないとさらに病みますよって話をします。

うつ病はインフルエンザとは違うので、
薬を飲んでしばらく寝ていたら、
確実に治るというものではありません。

つまり、いつ社会復帰が出来るか、
先の見えない不安が付きまといます。

特に、お子さんなんかがいれば、子供の進学等も含め、
自分以外にも子供の将来も暗いものにしてしまうかも、
という不安に悩まされます。

そんな中でじり貧になっていくわけですから、
そのストレスは計り知れないものがあります。

貧すれば鈍する

【貧すれば鈍する】ということわざがあります。

【貧すれば鈍する】ということわざがあります。
貧乏をすると、毎日その生活のことばかり考えるようになるから、
人は知恵や頭の回転が衰えてしまい、賢い人でも愚かになるという意味。
また、暮しが貧しくなれば、心までも貧しくなるものだということ。

まさにこの状況に陥ってしまうのです。

うつ病の脱出に必要なのはお金

事実、うつ病のかたに対して実施したアンケートがあります、
「うつ病の脱出に必要だと思うものを「1つだけ」選んでください。」
1位は「お金」でした。

これがリアルなうつ病患者の回答です。

障害年金はそうした経済的な不安を緩和できる制度でもあります。

もちろん、うつ病であれば、誰でも障害年金を受給出来るわけではありません。
様々な要件をクリアしなければ障害年金は受給できません。

しかし、とりあえず、うつ病が原因で働けない状況にある神戸の方、
是非、二宮社会保険労務士事務所にお問い合わせください。

障害年金の無料診断もしております。↓

Follow me!

2分で完了、障害年金の無料診断

うつ病、統合失調症、双極性障害で、障害年金を受給できるかどうか
障害年金に精通した社会保険労務士が無料診断します。

2分でネット申し込みできます。
お気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です