「12年勤務して手取14万円、日本終わってますよね?」問題

困る客
ちょっと、前、とある掲示板サイトに以下のような投稿があり、
それに対して共感する声や逆に批判する声があつまり、話題になりました。

アラフォーの会社員です。

主は手取り14万円です…

都内のメーカー勤続12年で役職も付いていますが、

この給料です…

何も贅沢出来ない生活

日本終わってますよね?

今の日本は、終身雇用も年功序列も事実上終わっていると言えるので、
当然、特別なスキルを持たず、結果を出せないようだったら、
手取りが増えていくことはないです。

この投稿をした方の一番の問題は、
現状に満足できていないにも関わらず、
自身は何の行動も起こしていないことかと思います。

「日本終わっていますよね?」と言っていますが、
自身の今の現状は国や政治、景気の問題であって、
変わるべきなのは、自身ではなく、「国や政治、景気」と思っている所が
一番の問題かと。

要は、自分は何も変わらず、自分が取り巻く環境が変化することを期待しているわけです。

ここで言いたい事は、

自分を取り巻く環境が変化をすることに期待しながら生きるより、
自分自身が変化した方が早いでしょ!?
ってことなんです。

障害年金の申請代理の業務をしていても時々困ったお客様がいるんです。
福祉サービスを受けることに慣れているのか、
とにかく自分は何の行動もせず、周りが動いてくれることを期待している人です。

私は、病気で可哀そうな人なんだから、
様々な人やサービスから援助されるべき人なんだ。

みたいな感じの人です。
力を貸してくれる人はいるので、その時は遠慮せずに力を借りれば良いと思うのです。

でもそこには「自分で乗り越える」って覚悟も必要なんです。

その覚悟が見えないと、他の人も力を貸したいと思わないです。

厳しい事を言うようですが、だれも、人生を肩代わりすることはできません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です