うつ病で障害等級3級を取得、障害年金約59万円を受給したケース

障害厚生年金

【依頼者】兵庫県在住 40代男性
【傷病名】うつ病(icd-10:F32.2)
【結果】 障害厚生年金3級
【処方薬】ドグマチール パキシル ワイパックス ナウゼリン レンドルミンD

相談者の状況

当社ホームページよりお問い合わせがあった方です。
大学を卒業後、仕事が続かず、10以上の会社を転々としてきた経歴があり、
ある時期から、不眠、胃痛、集中困難に加えて、不安、うつ状態となり、
その後、徐々に症状は悪化し、激しい気分の落ち込み、焦燥感、食欲不振等の
症状が出はじめ、ネットで検索している中で当社へお問い合わせ頂きました。

この方は一人暮らしをされていたのですが、精神疾患で障害年金を申請した場合、
却下されることが多々あります。
「日常生活に大きな支障なく一人暮らしできる生活力がある」程度の症状とみなされてしまうからです。

実際、主治医が書いた診断書に同居者が居ないと書かれている場合、ほぼ100%で却下されてしまいます。

しかし、この方の場合、母親からの定期的な援助があり、なんとか一人暮らしを維持しているような状態でした。
それらの日常生活能力の程度について、細かくヒアリングをし、補足資料等を作成し、
申請時に提出を致しました。

その結果、障害等級3級を取得、
障害年金約59万円を受給が決定しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です