社労士という仕事のモチベーション

社労士

仕事に対するモチベーションは人それぞれかとは思いますが、突き詰めていくと
感謝や賞賛の量に比例すると思うのです。

「何をきれいごと言ってんねん」「仕事のモチベは結局お金やろ」

とか言われそうですが、お金だって結局は感謝の量を数値化したものだと思うわけです。

そういう意味では、社会保険労務士が障害年金の申請業務をするというのは、
常にモチベーションを高く維持できる仕事の一つかなと思います。

いや、本当にこれはそう思いますね。

つまり、それだけ感謝される仕事なんですよね。この仕事。
もちろん、嫌な事も大変な事も多々ありますが、そんな事は気にならないくらいモチベは高いですよ。

社会保険労務士の仕事の王道は企業の顧問先を持ち、あれやこれやと雑務をこなす事が多いと思います。
しかし、障害年金の業務は単発の仕事なので、売り上げが不安定にはなるのですが、
仕事のモチベーションとしては、何倍も高くいれると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です