うつ病で障害等級2級を取得し、次回更新までに約300万円受給されたケース

障害基礎年金2級

相談者の状況

【依頼者】兵庫県在住 40代女性
【傷病名】うつ病 (icd-10:F32)
【結果】 障害基礎年金2級
【処方薬】エビリファイ アキネトン ルボックス セロクエル ニトラゼパム

当社のHPをご覧頂きお問い合わせがありました。
産後3ヶ月頃から体調を崩されて、
そこから既に10年以上が経過しておりました。
いわゆる産後うつと言われる状況かと思われます。

障害年金の存在を当社のHPを見たことで初めて知った様で、
体調を大きく崩してから、病院へ行くとき以外は外出はあまり出来ない状況とのことでしたので、
ご自宅へお伺いすることで障害年金に関するヒアリング、申請作業を進めてきました。
日常生活からの状況から障害等級2級程度に該当する可能性がある旨をお伝えすると同時に、
通院していた、病院にはケアマネージャーが居ましたので、
病院のケアマネージャーを通して、障害年金を申請すると、
社労士に依頼するよりも安いコストで申請が出来る旨もお伝えしました。
しかし、ケアマネージャーに不信感がおありの様子で、当社へご依頼頂きました。

いざ、申請作業を進めると、初診の病院でのカルテは既に破棄されており、
初診日の特定に苦労をしましたが、なんとか特定することが出来、
無事に、障害基礎年金2級が認定され、子の加算を合わせて、
次回の更新時までに約300万円受給することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です